美顔器選びのためのお肌の自己診断

保湿ケア

年齢に関係なく、いつまでも若々しく美しい人は、自分の肌にあったとっておきのスキンケアをきちんと継続しているものです。

「でも私にはどんなケアがいいのかな?」

そんな思いを持っている方も多いでしょう。

そんな方はまず、自分のお肌がどんな状態なのか、トラブルやダメージはどの程度か、簡単に自己診断してみましょう。

お肌のダメージ自己診断テスト

チェック項目(3点)

  • 濃いシミがある
  • あごのたるみが気になる
  • ほうれい線や目じりのしわが気になる
  • 肌を持ち上げると若々しくなる

チェック項目(2点)

  • うっすらとしたシミがある
  • 肌のくすみが気になる
  • 目の下のくまが気になる
  • 乾燥肌に悩んでいる
  • 日光を浴びる機会が多い

チェック項目(1点)

  • ファンデーションのノリが悪い
  • 毛穴の開きが目立ってきた
  • にきび痕がなかなか消えにくくなった
  • 朝起きたときに枕や布団の痕が残る

お肌の自己診断

さあ、心当たりのあるものを合計してみてください。

合計10点以上の方

残念ながら、見た目の年齢は実年齢のプラス5歳以上かもしれませんね。

このまま何もケアしなければ、老け顔がいっそう進んでしまいます。

お肌の特に気になる部分への部分的な集中ケアや徹底した美白&保湿ケアでダメージをお肌にため込まないようにお手入れを心がけましょう。

超音波とイオン導入のWケアで効率的にエイジングケアできる美顔器の使用をおすすめします。


合計5点以上の方

年々蓄積されてきたさまざまなお肌へのダメージが、少しづつ肌に現れてきています。今ある肌悩みを深刻化させないためにも保湿&美白ケアを毎日続けることが大切です。

美顔器での超音波とイオン導入機能の併用でしっかりと化粧品の美容成分を浸透させて、お肌のダメージ修復を心がけましょう。


合計0点~4点以下の方

お肌のダメージは比較的少ないといえますが油断は禁物です。

スキンケアの基本とも言える洗顔、保湿、UVケアをきちんと継続していきましょう。

体の中からもスキンケアするつもりで、栄養バランスを考えた食事や規則正しい生活習慣で、実年齢よりも若く見られる美肌をキープしていきましょう。

早めに美顔器を使ってみずみずしい若肌をキープ

お肌に大きなダメージを受けていない方は、必ずしも美顔器を使う必要は無いとも言えますが、例えば超音波美顔器は表情筋のマッサージ効果とお肌の肌細胞を活性化させる効果が期待できるので、5年後、10年後も若々しくみずみずしいお肌を保つためにおすすめできます。

最近では20代の女優さんやモデルさんも美顔器を使っているように、これまでのスキンケアをより効率的、効果的に、また若いうちからお肌をトレーニングするという考えから美顔器を使う若い女性も増えています。

数年前までは超音波美顔器やイオン導入器は高価で大型ということもあって、個人ではなかなか手が出ないものでしたが、最近はハンディで使いやすく、個人でも気軽に試せる価格にまで下がってきました。

あなたもお肌のコンディションに合った納得の1台を選んで、透明感のあるみずみずしい若肌を目指しませんか?